BS11 番組審議会

日本BS放送株式会社 第47回放送番組審議会概要

■開催概要
開催日:2019年7月18日(木)
開催時間:15時30分~17時00分
開催場所:日本BS放送株式会社 会議室
■内容
1.2019年10月改編 現状報告
2.番組講評「太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選」~鳥取篇~ 7/1(月)放送分
■委員:総数8名
*出席(6名)
委員長:嶋津 昭 氏(元総務事務次官 公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会事務総長)
委 員:海老塚 修 氏(桜美林大学 ビジネスマネジメント学群 特任教授)
委 員:齋藤 希史子 氏(毎日新聞社 学芸部編集委員)
委 員:中村 伊知哉 氏(慶応義塾大学大学院 メディアデザイン研究科教授)
委 員:樋口 眞人 氏(弁護士)
委 員:吉岡 忍 氏(ジャーナリスト/日本ペンクラブ会長)

*欠席(2名)
委 員:本間 生夫 氏(東京有明医療大学 学長)
委 員:黒川 伊保子 氏(㈱感性リサーチ代表取締役 感性アナリスト)
■日本BS放送出席者
代表取締役会長 兼 CEO:齋藤 知久
代表取締役社長 兼 COO:小野寺 徹
取締役常務執行役員:田﨑 勝也
取締役常務執行役員:平山 直樹
執行役員:磯ヶ谷 好章(報道OA局長 兼 報道OA部長)
出席者:野口 裕之(報道局長)
出席者:鈴木 博喜(カルチャー&エデュケーション制作局長)
出席者:松友 大輔(スポーツ&エンターテインメント制作局長 兼 スポーツ&エンターテインメント制作部長)
出席者:宮坂 奈緒美(編成局長 兼 編成部長)
出席者:柿﨑 拓哉(カルチャー&エデュケーション制作局 担当プロデューサー)

・オブザーバー:横山 浩司(監査役)
■議事の概要(◎委員 △BS11)
1. 2019年10月改編 現状報告
(新番組・新設枠)
・平日19:00 時代劇「鬼平犯科帳」
・火曜23:00 新スポーツドキュメンタリー番組「キラボシ!」
・木曜20:00 / 日曜19:00 「八代亜紀 いい歌いい話」
・金曜20:00 「TAKARAZUKA CAFÉ BREAK」/ 同20:30「ごりやくさん」
・土、日曜20:00、21:00「ディスカバリー傑作選」※4時間編成

・2020年1月~ 平日15:29枠 中国ドラマ「月に咲く花の如く」
2. 番組講評「太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選」~鳥取篇~ 7/1(月)放送
  • この番組は好きでいつも見ている。鳥取を選んだのも興味深かった。歴史や街並みも紹介していて、面白く視聴出来た。お店も行ってみたいと思わせる作りで、とても良かった。太田さんのセレクションも番組としての選択も良かった。ただ、先客がいるのに、場面が変わると先客がいなくなることに、違和感を感じる。
  • 鳥取の街の案内があり、興味深かった。お酒を飲めない人にも楽しめる。太田さんの語り口もいい雰囲気。街巡りとお酒の紹介の塩梅が良く、お店の方の人柄も出ている。コアなファンが熱心に見る番組。
  • 太田さんのカウンター越しの会話が柔らかく、行って見たいと思わせる。
  • 落ち着きすぎて盛り上がりに欠けると思う人もいるかもしれない。鳥取でドイツのお店の紹介は違和感がある。1回の放送で紹介するお店の数を増やした方が広がるのではないか。
  • 番組の厚みが出てきた。紀行要素がいい厚みになっている。地元の人との会話や景色が番組の奥行きを作っていくので、街並みはしっかりと丁寧に見せた方が良い。街の歴史もさりげなく入れてもいいのではないか。酒に関しても、もう少し丁寧な説明をした方が良い。
  • 一人酒を楽しむ番組だが、仲間がいるから酒は美味しい。お酒を飲んで会話を楽しむと思うので、たまには二人酒などもあっていい。楽しい番組なので、もっと楽しい番組にしてもらいたい。