見逃し配信スタート!BS11  CM「視点を変える篇」メイキング映像も公開中!

ニュース・経済番組詳細

番組紹介

ニュースの背景などについて通常の報道番組では紹介しにくい世界の構造変化にまで立ち入り、その本質を探る対談番組。
各界の第一人者をゲストに招き、政治、経済、国際情勢、地方創生、科学技術など現代人に必須のテーマを徹底討論します。毎週金曜日の夜に、刻々と動く1週間を総括し、次の展開を探る視座を提供します。

<寺島実郎からの一言>
日本の報道・情報番組は表層をなぞる断片的な内容に終止する傾向にあり、「問題の本質」を見抜く力に欠けていると実感しています。
そこで、熟慮一番、自分自身が時代のキーマンと向き合い、本当のことを伝える番組をスタートさせ、2年間積み上げてきました。
さらに2017年4月からはその番組を「寺島実郎の未来先見塾~週刊寺島文庫~」へリニューアルし、東京・九段下の寺島文庫を時代認識の発信の場とする本格トーク番組に挑戦することにしました。毎週金曜の夜に、次の時代を見つめる視座を提供する番組を目指しています。

企画・製作協力:(社)寺島文庫
http://www.terashima-bunko.com/

サポーター会員募集中!詳しくは寺島文庫HPをご覧ください。
http://terashima-bunko.com/bs11/bs11-supporter.html

出演者・スタッフ

寺島 実郎 中西 真貴

寺島 実郎
キャスター

中西 真貴
アシスタント

次回以降の内容

「この夏に読む厳選3冊・寺島流読書術」(7月21日放送)

夏休み直前!番組キャスター寺島実郎が厳選した本を紹介する番組恒例シリーズ第4弾。
東京・九段にある「寺島文庫」は、国内外の厳選された本が約5万冊所蔵されている、いわば私設の図書館。その代表理事を務める寺島氏がこの夏に選んだのは、現在の国内外が抱える問題に焦点を当てた3冊。
一番最初に紹介する本は、『ひとはなぜ戦争をするのか』。ノーベル物理学賞を受賞した20世紀の天才・アインシュタインと、精神分析学者のフロイトが「戦争」をテーマに交わした往復書簡を書き記した本。欧州でナチスドイツの旋風が吹きま食っていた時代に「戦争と平和」について語った、現在にも通じる本である。
このほかにも高齢化社会に生きる作家のエッセイやEU離脱を決めた英国の視点から世界の潮流を考える本などを紹介・解説する。

過去のラインアップ

※タイトルをクリックすると内容が開きます。

放送日 サブタイトル
7月14日 深海に生きる生物と資源探査
7月7日 中東の火薬庫イスラム国とカタール
6月30日 未病対策と健康ビジネス
6月23日 幕末維新の日本産業史
6月16日 英国メイ首相の誤算とEU離脱
6月9日 建築家・安藤忠雄の原点
6月2日 G7から見えてきた欧米の溝
5月26日 ロシア疑惑と日米ロ外交の行方
5月19日 米国と北朝鮮軍事衝突はあるのか
5月12日 トランプ政権と揺れる中国経済
5月5日 トランプ政権誕生100日の評価
4月28日 現代に生きる宗教を考える
4月21日 中東・シリアの行方
4月14日 日米欧の金融政策と英国離脱後のEU
4月7日 寺島文庫から伝える活字文化と考える力
3月31日 最新技術で甦る江戸時代最後の宣教師
3月24日 古都・奈良の歴史観光戦略
3月17日 新年度に読む厳選3冊
3月10日 トランプ政権経済政策の死角
3月3日 なかにし礼と昭和歌謡史
2月24日 百貨店は復活できるか
2月17日 プーチン大統領の狙いと日米露の行方
2月10日 トランプ政権の中東政策
2月3日 人工知能時代の光と影
1月27日 トランプ政権の実体と今後の行方
1月20日 英国EU強硬離脱の影響
1月13日 国際平和都市・広島県知事の挑戦
2017年1月6日 早稲田大学が描く教育戦略
12月30日 2017年の世界情勢を展望
12月23日 この正月に読む厳選5冊 必見!寺島流の読書術
12月16日 2016年の世界政治を総括
12月9日 平田牧場三元豚の誕生秘話
12月2日 青森県知事の物流改革
11月25日 トランプ相場はいつまで続く?
11月18日 米国トランプ新政権をどう見るか
11月11日 現代における宗教とは何か?
11月4日 プーチン大統領の野望 北方領土問題進展か?
10月28日 山梨県知事の地方創生 観光は富士山とリニア
10月21日 天皇陛下の執刀医出演 日本医療の問題点
10月14日 クロネコヤマトの戦略 クール宅急便誕生秘話
10月7日 国立科学博物館の挑戦 日本人はどこから来たのか
9月30日 米大統領選の勝者は?トランプ現象は続くのか
9月23日 英国離脱でEUの新試練
9月16日 米大統領選国民の選択残り2カ月の攻防戦!
9月9日 陸連会長が語るリオ五輪とバドミントン支援企業
9月2日 人工知能を利用した健康社会の実現
8月26日 都道府県別幸福度ランキングとイスラム・日本の役割
8月19日 混迷の欧州と日銀金融政策への影響
8月12日 この夏に読む厳選6冊 必見!寺島流の読書術
8月5日 大統領選と米社会変化 日本への影響を検証!
7月29日 世界経済の不安再燃か 英EU離脱への道のり
7月22日 さらなる観光客誘致へ 『もうひとつの京都』と北陸新幹線
7月15日 北朝鮮が頼るモンゴル駐日大使の日朝関係論
7月8日 近代史探訪!東京九段銅像が語る日独の秘話
6月24日 英国民投票とEU余波 7月参院選の争点整理
6月17日 知られざる和食を掘り起こせ!『食と農の景勝地』
6月10日 日本マイクロソフトの新戦略 『働き方革命』
6月3日 南海トラフ地震にどう立ち向かう 和歌山県知事の10年計画
5月27日 ユニクロの成長戦略
5月20日 トランプとクリントン
5月13日 日本人のルーツを探る
5月6日 迫る伊勢志摩サミット もう一つの見方
4月29日 いつ止まるのか?減速世界経済
4月22日 AIは人知を超えられるか?
4月15日 アベノミクスの成否と田中角栄に今何を学ぶ
2016年4月8日 130年のノウハウ 東京ガス電力自由化に挑戦状

番組へのメッセージ

合計18件 最新の5件を表示

地球はひとつ

りんおっち:2017/07/03(月)12:30

にゃんパパさんのように思いました。
安藤さんの回は何回もみました。
旅をして地球はひとつなんだなぁと。
仰った言葉が胸に響きました!!
「ANDO」が「&◯」に感じられ…
世界中の人々が思い遣りを持って、
一方向に心が向かえたらどんなに
良いでしょうか。そして相変わらず
寺島さんの聞き方・まとめ上手のお話
とても参考になります。

安藤忠雄氏のことばから・・・

にゃんババ:2017/06/10(土)11:38

安藤忠雄氏との対談を聞きながら 気付きました。世界・・地球・・果ては宇宙には 一生を掛けて向き合い 挑戦し続けられる対象にあふれている。一人ひとりが自分で課題を見つけ 役割として取り組み始めたら 人類の存在する意味が見えてきそうです。タフな体に鍛え 試行錯誤しながら学び リスクを恐れず挑戦する。自分が一生かけて向き合える役割を見つけたら 世界がさらに輝いて見えるかもしれませんね。まずは権力で 人の人生や生活を奪わない。武器を使用し 街や人類の遺産となる建造物など破壊するなんて とんでもない。また人間の日々の営みにより地球環境のバランスを崩さないということは 忘れてはいけないでしょうね。安藤忠雄氏の話をうかがいながら 保身まみれの自分のせこさが身にしみました。
    

これからの人類が学ぶべきこと

にゃんババ:2017/06/07(水)16:21

アフリカの民族対立などによる内戦や政治の不安定さ、中東のシーア派・スンニ派・過激派の対立、北朝鮮問題、インド・パキスタン、中国の軍備拡大・南沙諸島問題など 日本の平和は危ない崖っぷちに追い込まれているような気がします。ローマ法王が「武器を売らないで」という呼びかけにも 誰も聞く耳は持っていないようです。中国のニュースでは連日 中国の一帯一路政策のめざましい成果を伝え ヨーロッパやアフリカ 様々な地域に惜しむことなく資金をつぎ込み インフラ整備や宇宙技術・化石燃料に頼らないエネルギー技術開発など 国境を越えた大きなうねりが起きようとしています。AI技術も進み 技術も情報もお金も 集まるところに集まり 格差が大きくなるなかで 日本に限らず これからの人類が何を学ぶべきか寺島さんの勘どころで 教えていただきたいのです。日本でも授業がわからずムダに過ごす時間を減らせれば 子どもも変わるのでは。

現代社会に生きる宗教を考える 感想

KAZE:2017/04/30(日)12:30

拝聴しました。宗教改革500年から説き起こし、キリスト教が欧米に与えた影響、キッシンジャーの指摘、そこから一転して原始仏教へ。認識と意識の違いに宗教の存在意義を見出した点など、多くを学びました。ただ一点、親鸞、空海、大拙と来て日蓮が落ちていたことに違和感がありました。以下上原専禄氏の指摘です。
「日蓮の教義の難しさは、親鸞や道元以上だと思います。・・・日蓮理解という段階に入ろうとすると、なにがしかの信仰実践という問題が起こってくる。親鸞や道元の場合でも信仰実践の厳しさは恐ろしいほどのものですけれど、日蓮の場合と違って内側に沈潜したような形でやれるのに、日蓮の場合は必ずそれが外側に向かって出ていかなければならない。インテリは無精ですからね、困ることになる。こういうわけで大正以来の日本のインテリが日蓮を敬遠する。私は日蓮を消化するだけの能力を大正、昭和のインテリはもっていなかったと思います。」

ガウタマ・シッダールタが弟子に対して最後に語った言葉

HIDE:2017/04/28(金)22:31

寺島先生の阿含経に対する鋭い読解力に感銘致しました。そこでリクエストですが、先生の『観音力と聞光力』!?(笑)で、阿含経(原始仏教)の解説書(本)を出版して欲しいです。