見逃し配信スタート!昭和の名曲

ドラマ番組詳細

番組紹介

「ミセン-未生-」イ・ソンミン×『二十歳』ジュノ、涙の競演!
「魔王」「サメ~愛の黙示録~」の脚本・演出家コンビが贈る、ヒューマン&ラブストーリー

【STORY】
パク・テソク(イ・ソンミン)は政財界の大物たちに関わる数々の訴訟を勝利に導いてきた凄腕弁護士。華々しく活躍するテソクだったが、妻ヨンジュ(キム・ジス)は家庭を顧みない夫の態度に寂しさを感じていた。
テソクと共に働くこととなった若手弁護士チョン・ジン(ジュノ)は、勝訴のためには脅迫まがいの手段も厭わないテソクのやり口に幻滅していた。 しかし、そんなテソクにも辛い過去があった。
15年前、元妻ナ・ウンソン(パク・ジニ)との間に生まれた息子ドンウをひき逃げ事件で亡くしていたのだ。犯人は見つからず、二人は離婚、事件はもうすぐ時効を迎えようとしていた。
そんなある日、テソクのもとに友人である医師から電話がかかってくる。それは、テソクがアルツハイマー病であるという衝撃的な診断結果だった。一人悩み、葛藤するテソクだったが、病は着実にテソクの記憶を蝕み、日常生活に支障をきたし始める。
そうした折、ドンウのひき逃げ事件にテソクの事務所の代表イ・チャンムの息子スンホが絡んでいることが判明し…。

日本語字幕放送・全21話

出演者・スタッフ

【キャスト】
イ・ソンミン(パク・テソク 役)
「ミセン-未生-」「華政〔ファジョン〕」
ジュノ[2PM](チョン・ジン 役)
「二十歳」「メモリーズ 追憶の剣」
ユン・ソヒ(ボン・ソナ 役)
「12年ぶりの再会」「愛するウンドン」
キム・ジス(ソ・ヨンジュ 役)
「温かい一言」「江南ブルース」
パク・ジニ(ナ・ウンソン 役)
「ホジュン~伝説の心医~」「天地人~チョンジイン~」

【スタッフ】
演出:パク・チャンホン「魔王」「サメ~愛の黙示録~」
脚本:キム・ジウ「魔王」「サメ~愛の黙示録~」

次回以降の内容

第20話「罪の告白」(10月21日放送)

記憶~愛する人へ~_20.jpg 病気を知った事務所内の視線は冷たかった。そんな中、テソクはテレビの生放送に出演する。テレビで病気を公表し、その場でミョンスの冤罪まで訴えたテソクは世間の注目を浴びることに。その頃、スンホがひき逃げとヒョヌク殺害を自首したとの知らせが。驚いて駆け付けたテソクの前で自分の罪を告白するスンホ。イ代表はチェ刑事に手を回させようとするが、スンホは聞こうとしない。そんなスンホにテソクはヒョヌク殺害犯を暴くと告げる。

最終話「審判が下る」(10月22日放送)

記憶~愛する人へ~_21.jpg 事務所を去るテソク。スンホのことが世間に知られたイ代表もまた辞任を発表する。こうしてミョンスの再審請求裁判が始まる。証人喚問を受けたシン副社長は動揺を隠せない。一方、個人事務所を開設したテソクはさらに病気が進行していた。ジンに公判を任せる決心をするテソクだが、ジンはそんなテソクを励まし続ける。そんな中、テソクを呼び出した会長は買収を持ちかけるが、テソクは聞こうとしない。こうして、次の公判の日を迎えるが...。

過去のラインアップ

※タイトルをクリックすると内容が開きます。

話数 タイトル
第19話 どんな妨害に遭っても
第18話 事件の裏に
第17話 真実は消えない
第16話 真犯人にたどり着く
第15話 葬られた真実
第14話 男の死
第13話 犯人を知る男
第12話 偶然の出会い
第11話 過去の記憶
第10話 因縁の再会
第9話 15年前の真実とは
第8話 息子と向き合う
第7話 ひき逃げ犯の行方
第6話 自分を信じられない
第5話 過去は取り戻せない
第4話 消え始める記憶
第3話 危険な取引
第2話 前触れなく訪れた宣告
第1話 内部告発

番組へのメッセージ

合計42件 最新の5件を表示

彼らには重すぎる正義?

韓ドラ子:2017/10/18(水)09:00

韓ドラの限界とは何か?!
オイラは即答します 『正義の押し付け』と…

正義の役=弁護士ちゅう役柄
いにしえから スンホン、ジソプ・・・チソン・・・
イケメンで、頭よくて ケンカ強くて
俗にゆう<ヒーロー>が 多かったワケです。。。

このドラマは その点
『ヒーロー不在』といえるのでは?とオイラは思います
だから新鮮で 現実的・・・
現実的とゆうのは
日本のテレビに出てくる弁護士サン達は 
若いイケメンは希少で テソクみたいな顔が多いしな爆!!!

そうだなーーー
変な表現やけど このドラマは『血の味』がする
それは テソクにとり
人生をやりなおせるなら、その果てせなかった夢は
一体ナンだったのか?
まぁ ミチ君 
『韓ドラに慣れるコトは 決してない』が今週の結論!

♪One of These Days(吹けよ風, 呼べよ嵐!)…..."○|| ̄||_゛

ミチ:2017/10/16(月)09:41

♫風の中にふるえて 瞬く星のように
♫あやまちかもしれないと哀しく迷っていた

…迷っていたのはスンホだけはなく、もしかして『真実』の方かもしれません?

う~ン・・・
真実が見えてくれるにつれ 立ちはだかる巨大悪の灰色の壁はますます高く厚くなり
テソクのアルツハイマーが公になりそうなトコロで、残り2話・・・
まぁ
知るべき事実と 知るべき人々
真実は一つだけど このドラマの未来は 決して一つに作れない(決して勧善懲悪ではなく?)

。。。てなぁぁ感じの ラスト間近でしょうかネ( ˘⊖˘) 。o( )

激動の瞬間を駆け抜けるコトと
その今!に翻弄された テソク達・・・
そんな感じさぁ汗 韓ドラ子さマ&Keiさン(多分?謎/汗)

再放送懇願

Melrose:2017/10/16(月)02:55

韓流ドラマはよくみますがここまで脚本、キャストの技量、撮影セットのクオリティが高いものは初めて。初めてのめり込み見ています。
残念なことは家族で韓流ドラマが好きなのは私だけ。とゆうか今まで特に家族にも見せたいと思うほどの作品はありませんでした。
夫に見せたいのです。
どうしても。
どうしても再放送して頂きたい!
懇願致します。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

ただ、ただ、感激です。

しまよ:2017/10/15(日)10:51

毎回、土曜日、日曜日、欠かさず、みています。私たちにも、起こりうる病気に関連したドラマ、それに、立ち向かい、亡き息子のために、真実を、追い求め、徐々に証されていく証拠、テソク、並びに、彼の家族、部下、秘書、刑事に、助けられながら、前に、向かって行く、テソクの姿に、涙が、溢れます。テソクさんの、記憶が、薄れていくシーンも、とても、辛いです。最終回、期待しています。

韓ドラを通じ 自らを省みる事・・・

韓ドラ子:2017/10/13(金)09:08

名優たちの底の知れぬ名演技
その相乗効果が この物語の 不条理性をさらに盛り上げてる様な気がします・・・

何故?自分に こうした惨劇が起きたのか??
さらに
その中で、自分が存在する意味とは何か??

。。。テソクの目の前の闇
視聴者は 自らの様に体感されてる方もいると思います

ミチ君! そうだな!!
このドラマの様に
先の読めない極限状況下!
登場人物達に 自らの行動が正しいかどうか 判断する余裕はないしなーーー?
ただテソク達が ナニを一番大事にしてるか?
それはオイラ達にも すさまじい勢いで伝わっている とゆう事だな愛!!!
(イル掲示板のアヤツラにも 同じ状況カナ爆ッ怒!謎)