見逃し配信スタート! 2017-2018 年末年始もBS11 番組ラインナップ

ニュース・経済番組詳細

番組紹介

今の日本社会が抱える様々な課題を1ヶ月に渡って真摯に考えていきます。
月間テーマを設定し、様々な角度から識者の考えを伺います。

出演者・スタッフ

渡辺 美喜男(リベラルタイム編集長)
田代 沙織

次回以降の内容

「日本政治の行方Ⅲ"自民党と政府"」(12月19日放送)

ゲスト:岸田 文雄(自民党政務調査会長)

12月は、「日本政治の行方」と題してお送りしています。第3週目のテーマは『自民党と政府』です。
自民党内からは小泉進次郎筆頭副幹事長が「党は何も聞いていないですからね。このままだったら自民党は必要ないですよ」と不満を漏らすなど、政府との不協和音が聞こえてきます。安倍一強の弊害なのでしょうか。現在の自民党と政府の関係を、岸田政調会長に伺います。

過去のラインアップ

「日本政治の行方Ⅱ"自公連立"」(12月12日放送)

ゲスト:井上 義久(公明党幹事長)

12月は、「日本政治の行方」と題してお送りしています。第2週目のテーマは『自公連立』です。
連立与党でありながら憲法改正については、スタンスに違いがあるかに見える自民党と公明党。自公連立政権は2012年から続いていますが、公明党が与党である意味はどこにあるのか。井上義久公明党幹事長に伺います。

「日本政治の行方Ⅰ "公明党の衆院選"」(12月5日放送)

ゲスト:井上 義久(公明党幹事長)

自民党は衆議院議員選挙で284議席を獲得。与党・公明党の29議席と合わせて衆院の3分の2を確保ました。この結果によって今後の日本の政治はどうなるのでしょうか。そこで12月は、「日本政治の行方」と題してお送りします。
第1週目のテーマは『公明党の衆院選』です。公明党は先の衆院選では6議席を減らしました。その要因はどこにあったのか。井上義久公明党幹事長に伺います。

「日本の不動産Ⅳ"東京のブランド価値"」(11月28日放送)

ゲスト:伊達 美和子(森トラスト社長)

11月は「日本の不動産」と題してお送りしています。
最終週のテーマは『東京のブランド価値』です。東京の不動産価格はまだまだ安いと海外の投資家は見ているようです。外国人に東京の不動産価値を認識してもらうためには周辺環境も重要です。東京のブランド価値を上げるための方策はあるのでしょうか。森トラストの伊達社長にお話しを伺います。

「日本の不動産Ⅲ"ラグジュアリーホテル"」(11月21日放送)

ゲスト:伊達 美和子(森トラスト社長)

11月は「日本の不動産」と題してお送りしています。
第3週目のテーマは『ラグジュアリーホテル』です。日本には1泊400万円といった超高級ホテルはありませんが、そうしたホテルに需要はあるのでしょうか。そこで今回は、マリオット・インターナショナルの最高級グレードに位置づけられるラグジュアリーライフスタイルホテルブランド「エディション」の誘致に合意し、2020年に虎ノ門と銀座の2箇所での開業を目指す森トラストの伊達社長にお話を伺います。

「日本の不動産Ⅱ"地方の経済活性化"」(11月14日放送)

ゲスト:伊達 美和子(森トラスト社長)

11月は「日本の不動産」と題してお送りしています。
第2週目のテーマは『地方の経済活性化』です。政府は訪日外国人観光客によって地方の経済活性化を図ろうとしています。それは地方の状況をどう変えるのでしょうか。首都圏ばかりでなく地方でも多くのホテルやリゾート開発に力を入れている森トラストの伊達社長に、地方の現状を伺います。

「日本の不動産Ⅰ"不動産のいま"」(11月7日放送)

ゲスト:伊達 美和子(森トラスト社長)

日本の不動産価格は上昇が続いているといわれますが、今後はどうなるのでしょうか。そこで、11月は「日本の不動産」と題してお送りします。
第1週目のテーマは『不動産のいま』です。多くのホテルやオフィスビルの建設、そして、街づくりを進めている森トラストの伊達美和子社長に不動産業界の現状について伺います。

番組へのメッセージ

合計90件 最新の5件を表示

議席減の公明党

はまちゃん:2017/12/05(火)23:49

12月5日放送のリベラルタイムを視聴。渡辺編集長(司会)の質問の仕方のうまさに感心。今回の総選挙で公明党が
議席を減らしたことについて、私は安保法制など公明党の腰砕け、山口委員長体制の人間的魅力不足、党の限界などが理由ではないかと思っています。野党にはじまり自民党との
連立で与党に変身した公明党もついに終わりの始まりを迎えているのではないでしょうか。日本社会の体質に基盤を置く
自民党とはちがうのです。日本社会の体質はよくも悪くも
この国の運命です。野党がいかに自民党を牽制できるかが
この国の存続を決めることになります。野党に優秀な政治家が求められるゆえんです。

カゴメの歴史を聞いて

キャサリン:2017/10/10(火)11:33

先日、カゴメの創業からの歴史を初めて知り、とても興味深く拝見しました。
企業としての役割など、改めて社会貢献の意味を考えさせられました。いつも、トマトジュースや野菜ジュースを飲んでいますが、これからはもっと大事に味わおうと思いました。

カゴメのお話

シザ:2017/10/04(水)09:11

昨晩、カゴメのお話を聞いた後だけに、今朝の野菜ジュースの味はひとしおです。長生きするには健康でいたいもの。これからも美味しくいただきます。

時代を見据え攻守のバランス良い経営を

モーレツ世代:2017/09/13(水)17:16

是枝会長の回を拝見。番組内で是枝会長が「いまはICTの時代、企業は構造改革をしていく必要がある」と仰っていたが、まさにその通り。最近は資料のやりとりもデータで行い、インターネット上にアップしておけば、社内で共有することも可能な時代だ。10年前では想像できなかったことが、いまでは現実になっている。そんな時代では、旧態依然とした経営では生き残れない。「不易流行」という言葉通り。生き残っていくには、会社には何が必要で何が不要なのか、ということを考えなくてはならない。大事なのは株主か、経営者か、はたまた社員達か。日本的経営の本質もここにある。欧米的経営では社員はただの労働力。チェスのポーンでしかない。対して日本的経営では社員は財産だ。大事に扱い、時には小よく大を制すこともある、将棋の歩といえる。とはいっても「24時間、戦えますか」とは聞けないが。

マイクレ愛用してます

NAGANO,Yuki:2017/08/03(木)15:10

宮島さんのすんなり耳と頭に入る話し口に、このままショッピングのご案内が始まるのかしら?と勘違いをするほどでした(笑)…そんな事はなく、終始マジメにお話をされていて、健康食品の成り立ちから、パッケージ表示の説明など、見ていて分かりやすい構成でした。

ファンケルと言えばお化粧品!と勝手なイメージを抱いていましたが、なんでもセブンイレブンでサプリが買えるとか。試してみたいと思います。