第2回  カメラが捕えた弱肉強食の世界 砂漠とジャングル

discoverychannel-museum_02.jpg Credit_ Discovery Communications

カメラ技術を駆使して人間の眼では見ることが出来ない自然の姿を映し出す...アメリカ南西部の砂漠では、タカが獲物を狙う瞬間や砂嵐などを撮影した。巨大リクガメの甲羅にカメラを装着、カメの目線で生活を追ったり、ハイスピードカメラで、砂漠の砂嵐のミステリアスな動きを撮影した。一方、中央アメリカのジャングルではヘビが獲物を仕留める瞬間やコウモリの狩り等を撮影。サルが、枝から枝へ飛び移る様子や迫り来る捕食者から身を守る姿、ハイスピードカメラが捕えたトカゲがヘビから逃げる動きやクモがトンボに襲い掛かる瞬間など、砂漠とジャングルで貴重な映像で自然の営みや弱肉強食の世界を描く。