第3回  葵祭

今回は、京都三大祭に数えられる「葵祭」の華・斎王代と、お祭りを陰で支える有職美容師・扇職人を訪ねる。
京都三大祭の中で最も歴史の古いお祭りである「葵祭」。賀茂御祖神社と賀茂別雷神社の例祭で、毎年5月15日に営まれる。「葵祭」とはなにか?番組では、そのお祭りの見どころやスケジュールなどをおさらいしながら、過去に斎王代を経験した方に、お祭り当日までの日々を振り返り語ってもらう。

また、非常に重たいと言われる斎王代の髪と十二単。その着付けを担当する「ミナミ美容室」3代目社長の南登美子さんを紹介する。
南さんは、日本髪の結髪のみならず各時代の装束にも精通している有職美容師の第一人者。その高い技術、見識から葵祭斎王代結髪着付、時代祭皇女和宮結髪着付などを拝命している。
"有職美容師"とは何なのか?番組では、大正天皇陛下ご即位の髪の毛を担当した先代の話なども聞かせてもらいながら、南さんの仕事ぶり、「葵祭」への想いなどを聞く。