11月28日~12月2日

11月28日(月)
「AIで人々を幸せに? 人工知能の未来予想図」

ゲスト:酒井 拓(ユニロボット株式会社 代表)、竹之内 大輔(株式会社わたしは 代表取締役)、浅川 直輝(日経BP・ITpro副編集長)

日々進化を続ける人工知能〝AI〟。便利になる一方で人の仕事を奪うとも言われている。そんなAIは仕事を奪うだけで人々を幸せにはしてくれないのだろうか。日常生活の支援をするAIロボット「ユニボ」は、家庭内で食事の献立や旅行プランを「感情認識機能」を用いてプランニングし、独居老人の寂しさを緩和させるとも言われている。人々の感情に寄り添うAIは、人の心をどこまで豊かにしてくれるのか。最前線でAIを見つめる専門家に話を聞く。


11月29日(火)
「定年前退職という選択 こんなにある成功事例」

ゲスト:中村 天江(リクルートワークス研究所 主任研究員)、小澤 松彦(社会人材学舎 理事)

現在、日本では50歳以上が人口のおよそ45%を占める。しかし、現在多くの大企業では、60歳での定年制や50代での役職定年などで後進に道を譲り、シニアの経験や能力が「死蔵」されている。
そこで、その能力を再び社会で最大限に発揮させようと取り組むのが「知命塾」。ここでは、自分の能力を再発見し、できる仕事の可能性を探る講義を行う。
番組ではミドル・シニア世代の新たな働き方を新提案するとともに、セカンドキャリア問題が問う今後の日本型雇用についても言及する。


11月30日(水)
「『予測不能のトランプ氏』『米紙記者が語る暴言王』『日本が準備する対応策』」

ゲスト:ジェームズ・シムズ(フォーブス記者)、西山 誠慈(ウォールストリートジャーナル記者)

ドナルド・トランプ次期大統領の誕生を、米国メディアはなぜ読み切れなかったのか。
「トランプ現象」の分析と米国の抱える病とは。米国メディアが伝えるトランプ評とトランプ共和党の行方、トランプファミリーの実態、今後の注目点について議論する。


12月1日(木)
「青山学院陸上 原監督 箱根駅伝3連覇に向けて」

ゲスト:原 晋(青山学院大学陸上競技部監督)
コメンテーター:二宮 清純(スポーツジャーナリスト)

箱根駅伝3連覇を狙う青山学院大学の原監督が生出演。原監督率いる青学陸上部選手の寮を取材し、その強さの実態に迫る。
「山の神」神野選手が卒業し、山の5区を走る選手は誰になるのか。番組で大胆予想する。


12月2日(金)
「青森県知事の物流改革」

VTR出演:三村 申吾(青森県知事)

本州の最北端・青森県。10年前に開館した青森県立美術館は三村申吾知事が観光客増加を狙い、建設した施設。
9メートル×15メートルのフランスの画家シャガールの大作や地元の版画家・棟方志功、作家・寺山修二などの作品が展示されており、これまで360万人が訪れた。今後は外国人観光客に向けPRをしていくという。
また、陸奥湾で採れるホタテなどの海産物をいかに早く届けるかという物流改革にも力を入れていくという。
総合プロデューサーであると自ら語る青森県の三村申吾知事に今後の青森県の取り組みを聞く。