10月17日~21日

10月17日(月)
「おもてなし観光立国へ 元CAが教える接待術」

ゲスト:石井 至(観光ビジョン構想会議 委員 / 有限会社 石井兄弟社 社長)
    土橋 ひろこ(CA JAPON 代表 / おもてなしコンサルタント)

今年8月までの訪日外国人の数は1605万人。昨年より2カ月早く1500万人を突破した。
政府は2020年までに年間訪日客目標を4000万人に引き上げた。
しかし、訪日客で最も多く、全体のおよそ3割を占める中国人客には減速の陰りも。これまで消費を牽引してきたインバウンド客に変調が・・・
これからどう変化していくのか。観光立国を目指す日本のあり方とは何かを専門家に聞く。


10月18日(火)
「自衛隊の実力徹底分析 極東アジア防衛の備え」

ゲスト:森本 敏(元防衛大臣 / 安全保障スペシャリスト)、古是 三春(軍事評論家)

間近に迫った自衛隊の南スーダンへのPKO派遣、米韓合同軍事演習に猛反発する北朝鮮、尖閣を実効支配する中国。いま自衛隊を取り巻く環境が激変している。
南スーダンでは「駆けつけ警護」に要する装備、北朝鮮に対しては、ミサイル発射に備えた空自の「PAK-3」や海自の「SM-3」、中国に向けた島嶼防衛では陸自の「MV-22(オスプレイ)」や「AAV7(水陸両車)」の購入など、実戦配備に向けて着々と準備が進められている。
しかし、軍事専門家の間では、その実戦能力や、米国からの購入価格などに疑問の声も上がっている。スタジオで専門家から自衛隊の実力について話を聞く。


10月19日(水)
「知事がトップセールス 愛媛から考える地方創生」

ゲスト:中村 時広(愛媛県知事)

愛媛県は、全国でも珍しい「営業本部」を県庁内に設置し、県産品やものづくり技術など、愛媛のあらゆるものを売り込む取り組みを行う。
県が、商談会やマッチングの機会を提供することで、橋渡し役となり、地域経済の活性化を目指す。地域のものを売って「実需創出」することで、県民の利益につながる経済政策になる、との考えに基づくもの。
元商社マンという経歴を持ち、自らもトップセールスで、日本だけでなく海外も飛び回る、中村知事を迎えて、愛媛の挑戦について聞く。


10月20日(木)
「JR九州・絶好調の秘密」

ゲスト:千葉 千枝子(淑徳大学教授)、櫻井 寛(鉄道ジャーナリスト)

10月25日に東証に上場するJR九州。JRグループとしては東日本、西日本、東海に次いで4番目の上場だが、国鉄民営化の時点ではJR九州の上場は難しいとみられていた。
しかし、いち早く、アジア市場開拓に舵を切り、さらには輸送機関としてだけでなく「観光資源」としての列車事業に乗り出し、独自の経営戦略を展開し、ブランディング化を推し進めてきた。
番組では個性あふれるJR九州の列車も紹介しつつ、その独特の経営戦略や人気のヒミツに迫る。


10月21日(金)
「天皇陛下の執刀医出演 日本医療の問題点」

ゲスト:天野 篤(順天堂大学医学部附属順天堂医院 院長)

これまで行ってきた心臓手術は7300回を超えるという誰もが認める心臓外科医の第一人者、順天堂医院の天野篤院長。
2012年には天皇陛下の心臓バイパス手術を執刀したことでも知られている。
しかし大学に入るまで3浪するなど、ここまで多くの挫折を味わってきた。また医師になるきっかけとなったのは、父親の病が大きかったという。
天野氏が医師としてこれまで学んできたことや、現在の日本の医療が抱える問題、そして今後の課題について聞く。