第84回  佃・月島、漁師町の風情を楽しみながら、あの名居酒屋一献

furari_84.jpg 今回の旅先は東京・佃、月島。江戸の漁師町風情を今に残す路地裏と近代的なタワーマンション群とのコントラストも面白いエリアです。

まずは路地裏散歩で訪ねた先は、町の名前にもなっている佃煮屋が並ぶ佃島渡船跡。天保14年創業の老舗佃煮屋でお土産を購入します。

もう一つのこの町の名物、といえばもんじゃ焼き。その名を冠した商店街をそぞろ歩いてすっかり汗だくになったところで、月島温泉へ。
一番風呂ですっきりした後は、お目当ての居酒屋めぐりです。

一軒目に入ったのは、近頃人気の立ち飲み居酒屋。島根や岩手蔵元の日本酒が70種そろっています。
締めの居酒屋は過去、ミシュランで星をとったこともある名店。名物の薩摩揚げ、煮穴子、新鮮な刺身を肴に盃を傾けるのでありました。

<太田和彦さんが訪ねたお店>
味泉
東京都中央区月島1-6-12
050-5590-4585

つねまつ久蔵商店
東京都中央区月島3-15-12
03-3531-1974