9月12日~16日

9月12日(月)
「認知症は予防できる!すぐできる3つの方法」

ゲスト:瀧 靖之(東北大学加齢医学研究所 教授)

65歳以上の高齢者の約15%、約500万人が認知症と言われる現代。認知症が原因で行方不明となっている人は年間1万2000人を超える。しかし最近の研究で認知症の予防法がわかってきた。60代は認知症予備軍、脳を健康に保つにはどうしたらいいのか?最新医学が明らかにした予防法を公開!


9月13日(火)
「鈴木宗男の対ロシア論 北方領土返還への秘策」

ゲスト:鈴木 宗男(新党大地代表)

日ロ間の最大の懸案である北方領土問題。今後の交渉のヤマ場として、12月に安倍首相の地元・山口県での首脳会談が決まった。
安倍首相が、経済協力とプーチン大統領との個人的な信頼をテコに領土問題解決に意気込みを見せるなか、アドバイスを送るのが、鈴木宗男・元衆院議員だ。鈴木氏はこれまでに、数多くの日ロ交渉に携わり、返還交渉の出口を探ってきたキーマン。今年は1956年の日ソ共同宣言から60年の節目。
正念場を迎える中で、鈴木氏は安倍首相に、どんな助言を行っているのか。その方策と舞台裏を聞く。


9月14日(水)
「小池流都政の目玉 東京大改革の実現性」

ゲスト:青山 佾(元東京都副知事 明治大学大学院教授)、佐々木 信夫(中央大学教授)

都知事就任から1カ月余り。小池流都政の目玉政策が次々と打ち出されている。
築地市場移転延期、知事報酬の減額など、実現すれば大きな方針転換となる。
今月末から始まる都議会を前に、どこまで現実的なのか、専門家と考える。


9月15日(木)
「岡田武史 今治から起こす日本サッカー革命」

ゲスト:岡田 武史(FC今治オーナー・日本サッカー協会副会長)、二宮 清純(スポーツジャーナリスト)

ゲストはサッカー元日本代表監督の岡田武史さん。一昨年、FC今治のオーナーに就任した。
今治の地で取り組んでいるのが、「日本人が世界で勝つためのサッカー」。世界に勝つための型(プレーモデル)の確立を目指している。
人口20万人に満たない地方都市から起こすサッカー革命とは?スポーツの力で推し進める活気ある町づくりとは?
「人生最大の大勝負」という今治での挑戦について、岡田さん本人に聞く。


9月16日(金)
「米大統領選国民の選択残り2カ月の攻防戦!」

ゲスト:藤原 帰一(東京大学教授)

11月8日のアメリカの次期大統領を決める選挙まで2カ月を切った。
各社の世論調査でリードをしている民主党のクリントン候補。しかしここへ来て健康問題が浮上。先の式典では途中退場し、肺炎と診断された。
まもなく世界中が注目するテレビ討論会が始まるが、影響はあるのか?共和党のトランプ候補の逆転はあるのか?
アメリカ政治に詳しい国際政治学者で東京大学の藤原帰一教授に聞く。