7月4日~8日

7月4日(月)
「参院選2016 シリーズ③『とことん聞きます』~アベノミクスとくらし~」

ゲスト:平沢 勝栄(自民党衆議院議員) 、大塚 耕平(民進党参議院議員)

自民党が今回の参院選のテーマとしてかかげる「アベノミクス」。しかし、憲法改正も隠れた"裏テーマ"と言われています。
そんな参院選のテーマについて、自民党の平沢勝栄氏と民進党の大塚耕平氏が「アベノミクス」や「憲法改正」について討論します。


7月5日(火)
「参院選2016 シリーズ④『とことん聞きます』~子育て・社会保障~」

ゲスト:橋本 岳(自民党衆議院議員)、柿沢 未途(民進党衆議院議員)
    古屋 範子(公明党衆議院議員)、畑野 君枝(共産党衆議院議員)
コメンテーター:二木 啓孝(BS11解説委員)

「保育園落ちた 日本死ね」。この匿名ブログをきっかけに待機児童問題に注目が集まり、参院選でも子育て支援策は大きな争点となっている。
自民党は保育の受け皿を50万人増やし、保育士の月6千円アップを訴える。一方の民進党、共産党は月給を月5万円に上げると約束する。しかし問題は財源だ。消費増税の再延期や英国のEU離脱問題で世界経済が不安定になり、財源確保が根本から揺らいでいる。この財源問題をどうクリアするのか、与野党の政策通に聞く。


7月6日(水)
「参院選2016 シリーズ⑤『とことん聞きます』~自公vs民共若手討論~」

ゲスト:小林 鷹之(自民党衆議院議員)、玉木 雄一郎(民進党衆議院議員)
    国重 徹(公明党衆議院議員)、辰巳 孝太郎(共産党参議院議員)
コメンテーター:斉藤 信宏(毎日新聞経済部副部長)

参議院選挙7月10日の投開票日に向けて、選挙の主な争点を政党の論客にとことん聞き倒します。
シリーズ5回目のテーマは「アベノミクスの成否」。経済は回復軌道にのったのか。社会保障の財源は?与党は、アベノミクスの成果を強調するが、野党は失敗と主張。与野党4党の若手論客が、アベノミクスを徹底討論。


7月7日(木)
「参院選2016 シリーズ⑥『とことん聞きます』~18歳選挙権~」

ゲスト:林 大介(東洋大助教)、春香クリスティーン(タレント)

参院選2016シリーズの最終日は、注目が集まっている「18歳選挙権」を取り上げる。
国政選挙として初めて、18歳以上が投票できる今回の参院選。各政党は若者に政治参加と投票を、あの手この手で呼びかけている。毎日新聞が5月に行った世論調査によると、18歳と19歳で、投票に「必ず行く」「たぶん行く」と答えたのは66%に達した。選挙権を18歳に引き下げたことで、日本の政治は変わっていくのだろうか?また今こそ考え直すべき主権者教育の在り方とは何なのか?模擬選挙推進ネットワーク事務局長でもある東洋大助教の林大介氏と政治好きでも知られるタレントの春香クリスティーンさんとともに考える。


7月8日(金)
「近代史探訪!東京九段銅像が語る日独の秘話」

東京千代田区・九段。ここには江戸末期から明治にかけて様々な政治・文化・教育の施設が作られ、そのDNAが現代日本に脈々と続いている。
今回は九段に日本総合研究所を構える寺島実郎氏が自ら九段周辺を巡り、九段の史跡を歴史ツーリズムの観点から語る。
特に葛飾北斎が描いた浮世絵から見る江戸期の九段坂の姿や、明治から昭和にかけて複雑な関係を続けた日本とドイツの知られざる関係など、これまであまり語られることのなかった近代日本の姿を描き出す。