6月20日~24日

6月20日(月)
「『共感』を売る! QVC24時間生放送の買い物体験」

ゲスト:マイク・フィッツハリス(QVCジャパン CEO)

モノが売れない時代に、売上げを伸ばし続けるテレビショッピング「QVCジャパン」。日本初の24時間365日連続生放送をスタートさせ、年商1000億円に迫る売上高を誇ります。そんなQVCが売上げを伸ばし続ける理由、それは「共感」に隠させれていました。安さを強調したり、押し売りをしない販売方法にこそ売れる秘訣があることを見出し、購入者との距離感を無くすことで独自の世界観を形成していました。そんなQVCが展開する「共感」のテレビショッピングとはどんなものなのか、CEOのマイクさんに伺います。


6月21日(火)
「英国"EU離脱"の衝撃 日本と世界への深刻影響」

ゲスト:伊藤 さゆり(ニッセイ基礎研究所 上席研究員)  池本 大輔(明治学院大学 准教授)

EU(欧州連合)からの離脱を問うイギリスの国民投票が23日に迫ってきた。イギリスの新聞「タイムズ」が13日に発表した世論調査では、「EU離脱支持」が46%で、「残留支持」の39%を上回った。EU離脱の可能性が高まることで、世界の金融市場は株価下落の動きが強まり、経団連会長も「日本からは1千社を超える企業が事業展開している。計り知れない影響が出る」と懸念を示す。離脱後のイギリスとEUの関係はどうなるのか。日本への影響はどれだけ深刻なのか。現地からの最新リポートを交え、緊迫する国民投票の行方を専門家に聞く。


6月22日(水)
「参議院選挙きょう公示 選挙の行方を大胆予測」

ゲスト:川上 和久(国際医療福祉大学教授)  三浦 博史(選挙プランナー)

参議院選挙が公示され、7月10日の投開票日に向けて、17日間の選挙戦がスタートする。各党党首は第一声で何を訴えるのか。アベノミクス、憲法改正、社会保障、安保法制などの争点に、各党は何を掲げて選挙戦を戦うのか。初の「18歳選挙権」で政治は変わるのか。今回の参院選を専門家が徹底解説、選挙戦の行方を大胆予測する。


6月23日(木)
「目指せ世界!学生柔道 日本勢復活のシナリオ」

ゲスト:佐藤 宣践(桐蔭横浜大学学長・全日本学生柔道連盟会長) 
コメンテーター:二宮 清純(スポーツジャーナリスト)

リオ直前!柔道日本代表の強化合宿を取材!
4年前のロンドン五輪では、松本薫(女子57kg級)の金メダル一つで終わったニッポン柔道。この4年間でどのような強化を図ってきたのか?次世代の選手育成の課題とは?
リオ、そして4年後の東京でニッポン柔道が世界に勝つには何が必要かを徹底討論する。
ゲストは「世界の山下」を育てた 佐藤宣践さん。世界柔道選手権を2度制覇。30歳で全日本選手権を制した。指導者としては、東海大学を強豪に押し上げ、山下泰弘・井上康生らを育てた。現在は、桐蔭横浜大学の学長として、学生スポーツ全般の育成・強化に取り組んでいる。
番組コメンテーターは、スポーツジャーナリストの二宮清純氏。


6月24日(金)
「英国民投票とEU余波 7月参院選の争点整理」

ゲスト:岸井 成格(毎日新聞社特別編集委員)

23日に行われたイギリスの国民投票の結果がこの日明らかになる。EUに残留するのか離脱するのか世界は固唾を飲んで見守っている。結果を受けて世界各国の政治・経済にどんな影響がでるのか。また日本では参議院選挙がスタートし与野党対決が激しさを増してきたが、今回の争点はどこになるのか、また舛添都知事の辞職を巡りクローズアップされた政治資金の私的流用問題は今後どうなるのか。
今の日本にとって必要な政治とはなにか?毎日新聞社特別編集委員の岸井成格氏に聞く。