4月18日~4月22日

4月18日(月)
「急成長ドームが挑む スポーツで日本を明るく」
ゲスト:安田 秀一(株式会社ドーム 代表取締役CEO)

スポーツ用品ブランドとして急成長を遂げている「アンダーアーマー」の日本総代理店ドーム。いち早く同ブランドの価値を見出し、日本での取り扱いを決めたのが安田秀一社長。プロ野球「読売巨人」と5年間50億円のユニホーム提供・マーケティング提案も含めたパートナー契約を結ぶことにも成功した。日本のスポーツ産業を改革し、スポーツを通じて日本を明るくすることが夢という安田社長に、夢を実現する具体策を聞く。

4月19日(火)
「養豚農家せがれが直言 一次産業をかっこよく」
ゲスト:宮治 勇輔(株式会社みやじ豚代表取締役 / NPO農家のこせがれネットワーク代表理事)

目標は「小学生の就職希望ランキング1位になること」。農業のイメージを180度ひっくり返そうと奔走する宮治勇輔さんは約10年前、大手企業のサラリーマンを辞めて実家の養豚農家を継いだ。そこで宮治さんが気付いた問題点が2つあった。1つは農家には「商品価格の決定権がない」、もう1つが「生産者の名前が流れて流通する」ということ。これら2つを解消するため、自らバーベキューを開催した。自社ブランドの「みやじ豚」を広めるきっかけとなり、年商も3倍に。これをモデルケースとして、農業を広めるためNPOを設立した。次世代就農者を増やすため、そして「かっこよくて、感動があって、稼げる」3K産業=農業を広める、その取り組みを紹介する。

4月20日(水)
「サミットまで1カ月 総理の懐刀が語る戦略」
ゲスト:世耕 弘成(内閣官房副長官)、歳川 隆雄(インサイドライン編集長)

安倍首相は「地球儀俯瞰外交」を掲げ、積極的に世界各国を飛び回っている。訪問国数は歴代首相トップとなった。伊勢志摩サミットまで、あと1カ月。安倍首相は、サミット主催国のリーダーとして、世界に何を発信するのか。先月、内閣官房副長官の歴代最長記録を更新した、世耕官房副長官を迎えて安倍外交の戦略を聞く。

4月21日(木)
「長時間労働からの脱出 残業ゼロで業績アップ」
ゲスト:小室 淑恵(株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長)

自ら立ち上げた株式会社ワーク・ライフバランスで残業ゼロ、有給消化100%にしたところ増収増益を達成、900社以上の企業に働き方のコンサルティングを提供する小室淑恵氏が、日本の企業文化に斬り込む。これからの企業文化として、長時間労働に頼ることがどれほどのリスクになるのか、カリスマ・コンサルタントが働き方と労働時間の改革を提案する。

4月22日(金)
「AIは人知を超えられるか?」
ゲスト:松尾 豊(東京大学大学院工学系研究科特任準教授)、辻村 清行(早稲田大学ビジネススクール客員教授)

人工知能(AI)が囲碁のトッププロ棋士に勝ち話題を呼んだ。プロのトップ棋士を破るのはまだ数年先だと言われていたのに、人工知能は物凄いスピードで進化を続けている。いま人工知能は様々な分野で研究が進められているがその最前線はどこまで来ているのか?また人工知能が広く普及すると進化したロボットが人間の代わりとなって職を奪われる可能性もあるという。果たして人工知能が人を超える日はやってくるのか?日本を代表する人工知能の研究者である東京大学の松尾豊氏と元NTTドコモ副社長の辻村清行氏に聞く。