4月11日~4月15日

4月11日(月)
「常識破りビジネス術 ライフネット出口会長流」」
ゲスト:出口 治明(ライフネット生命保険 会長兼CEO)

生命保険のネット販売の先駆けとして一躍有名になった「ライフネット生命保険」。国内の保険業界では初となる、生命保険の手数料部分の比率を全面開示、さらに「同性パートナーの死亡保険受け取り」を行うなど、数々の"日本初のビジネス"を展開。創業者の出口治明会長は歴史書を始め数々の書物を著すなど作家の横顔も併せ持つ異色経営者。出口会長に"常識破りのビジネス術"の極意や発想の秘けつ、古典から新書まであらゆる本を読破して得た"教養"の身に着け方を聞く。

4月12日(火)
「『神の手』の医師道 天皇の執刀医・天野篤」」
ゲスト:天野 篤(順天堂大学医学部心臓血管外科教授)

成功率98%...60歳を超え、順天堂医院の院長になった今でも年間400近い手術を行う。民間病院の医師でありながら天皇の執刀医にも選ばれた天野医師について、人は「神の手」と称える。心臓外科医として、盤石な不動心で多くの患者を死の淵から救ってきた。しかし、最愛の父を心臓病で亡くし、医学部受験3度失敗など、多難な道を歩んできた。"スーパードクター・天野篤"の素顔と信念に迫る。また、いま社会問題となっている医療事故の背景について天野医師独自の見解を聞く。

【視聴者からのご意見】
・別所哲也さんはJ-WAVEのパーソナリティーの時に拝聴しており、好感が持てました。パートナーが八塩圭子さんであることにより安心感が増し、構成・内容もBSならでは雰囲気があり、落ち着いて見ております。天野先生のお話をお聞きしたのは、初めてでした。これからも偉業を成し遂げた方々のご出演を、希望します。(女性、50歳代)
・毎日素敵なゲストが出演されていて、夜の10時が楽しみです。本日の天野篤先生のお話、大変勉強になりました。私は桜が大好きですので、毎日、日本各地の綺麗な桜も拝見させていただけで、幸せです~。別所さん、八塩さん、中島さん、素敵です!!また明日も楽しみにしています。(女性、40歳代)

4月13日(水)
「民進党松野頼久氏に聞く 政権政党になれるのか」」
ゲスト:松野 頼久(民進党衆議院議員 旧維新の党代表)、石関 貴史(民進党衆議院議員)
コメンテーター:松田 喬和(毎日新聞特別顧問)

あなたは"民進党"をどこまで知っていますか?民主党でもない、維新の党でもない、民進党は何を目指す政党なのか。政治とカネのタブーに切り込み、二大政党制、世襲議員、小沢一郎、保守など、キーワードでゲストに迫る。10年後の日本にむけて、私たちの一票を投じる価値を見極める。

4月14日(木)
「園芸で日本文化を発信」」
ゲスト:石原 和幸(庭園デザイナー)

百花繚乱のシーズン。街路樹にもベランダにも、家の軒先にも花や緑が溢れている。しかし、日本人の園芸関連消費は欧米の1割にも満たないという。江戸時代は世界で一番庭師の多い国と言われた日本だが、今や日本から花を愛でる気風は失われたのか。そんな状況に一石を投じたいと考えているのが、世界的ガーデナーの石原和幸氏だ。石原氏は世界的に権威ある英国チェルシー・フラワーショーで7つの金メダルを獲得、世界中にファンがいる、日本を代表する庭園デザイナー。花や植物を気軽に生活に取り入れる術を石原氏から学ぶ。

4月15日(金)
「アベノミクスの成否と田中角栄に今何を学ぶ」
ゲスト:早野 透(元朝日新聞コラムニスト)

日本経済の低迷が続く中で、衆院補選と参議院選挙を控える安倍政権。TPPや米国大統領選挙など不透明要素も強い。そんな中で田中角栄元首が再評価されているのは何故なのか。戦後民主主義の流れを検討し、今後の日本の政治を考える。ゲストは元朝日新聞コラムニストの早野透氏。