第65回  門前仲町・江戸情緒濃い下町の『大衆居酒屋』で酔う

門前仲町・江戸情緒濃い下町の『大衆居酒屋』で酔う 第65回

今回は江戸情緒が色濃く残る下町、深川は門前仲町の居酒屋をはしごします。
富岡八幡宮の別当、永代寺の門前町として栄えた門前仲町は、居酒屋探訪家の太田和彦さんも大好きな町。まさに居酒屋の宝庫ですが、まずは名所めぐりから。
江戸最大の八幡様として親しまれている富岡八幡宮の境内には、伊能忠敬像や日本一の黄金神輿、そして江戸勧進相撲発祥の地を記念した横綱力士碑を見物します。
夕暮れになると、おまちかねの飲み屋街をふらり散歩。一軒目は鮮魚が自慢の「多古坊」。実家は魚屋さんだけあって、魚の鮮度には定評があります。うまい肴にうまい酒でほろ酔い気分になったら、永代通りを挟んで北側へ。狭い路地に居酒屋が30軒以上ひしめく飲み屋横丁「辰巳新道」をひやかして歩いた後は、昭和47年創業の老舗居酒屋「だるま」へ。あやさん、まささんの美人姉妹が切り盛りする活気あふれる店内で上機嫌の太田さん。盃もピッチが上がります。さらに勢いがついた太田さん、番組始まって以来の三軒目へ。広告代理店の営業マンから飲食業界へ鞍替えした若き主人が営むバー「沿露目」で創作料理を肴に、傾ける盃の数は増していくのでした......。


<太田和彦さんが訪ねたお店>
沿露目
東京都江東区富岡1-12-6
03-5875-8382

だるま
東京都江東区門前仲町2-7-3
03-3643-4489

多幸坊
東京都江東区富岡1-4-13
03-3642-7224