ファイナル・カウントダウン

ファイナル・カウントダウン ©Majestic Films

1941年の真珠湾攻撃直前へとタイムスリップしてしまった原子力空母"ニミッツ"の行く末を描いたSF映画
1980年、航行中の原子力空母は、突然の異常な嵐に巻き込まれた。周囲が穏やかになった時、無線機が奇妙な声をとらえ、偵察機は驚くべき航空写真を持って帰ってきた。なんと空母は、1941年12月7日のハワイ沖、まさに日本軍が真珠湾に奇襲をかける寸前にタイムスリップしていたのだった。乗組員たちは攻撃阻止のため、最新鋭戦闘機F14によるゼロ戦との戦闘に突入する。歴史は変わってしまうのか、果たして、彼らは現代に戻ってこられるのか? カ-ク・ダグラス、マーティン・シーンら豪華キャストで描く、壮大なタイムスリップSF巨編。実際の米海軍の原子力空母を撮影に使用したこと、カラー映像でゼロ戦が飛び、F14戦闘機(トムキャット)と闘うという当時としては前代未聞の発想が大きな話題を呼んだ。

【スタッフ】
監督:ドン・テイラー

【キャスト】
カーク・ダグラス
マーティン・シーン、
キャサリン・ロス ほか

(1980年、アメリカ)