ゾンビ襲来!警告 感染拡大 バイオハザードシリーズ 一挙放送 バイオハザードを見て当てよう!プレゼントキャンペーンも実施します。ユン・ソクホ監督が描く「四季シリーズ」全4作品 一挙放送中!

ドラマ番組詳細

番組紹介

今話題のシェアハウスが舞台のハートフルラブストーリー!

【STORY】
テレビ番組の売れっ子プロデューサーとして活躍するドウォンは、マリスキッチンのオーナーシェフのジゴンに番組出演を依頼する。だが、撮影直前に拒否され、放送事故の危機にさらされるが、何とかジゴンを説得し撮影にこぎつける。
その後、ジゴンはドウォンに心を開き、2人は急速に仲を深めていくが、ジゴンの妹のような存在であるヘリは、ドウォンにライバル心を抱き、嫌がらせを始める。
そんなある日、危機に陥った父の事業を助けるため、ドウォンは放送局を退職し、市場の果物店で働くことになる。
節約のためにドウォンが住み始めたシェアハウスでは、家族から捨てられた中年の女性やシングルファーザー、外国人など事情を抱えた人たちが助け合いながら暮らしていた。

日本語字幕放送・全120話

出演者・スタッフ

【キャスト】
ソン・ドウォン:ハン・チェア
イ・ジゴン:ソンヒョク
ナム・ヘリ:チ・ジュヨン
ソン・ドック:カン・ナムギル
ナム・ジェイル:イ・ヨンハ
ナム・ヘソン:カン・シニョ

【スタッフ】
演出:チン・ヒョンウク
脚本:コ・ボンファン

次回以降の内容

第13話(5月25日放送)

anatadake_13.jpg トンソン市場の商人ダルボンは、ブナムの指示を受けドックを陥れようと画策していた。それを知ったドックは怒りの形相でフルーツコリアに向かい、スヨンの現夫でフルーツコリアの社長であるジェイルにつかみかかる。しかし、そこにスヨンが現れ...

第14話(5月26日放送)

anatadake_14.jpg ジゴンはドウォンと別れるよう迫る父ビョンテと衝突を繰り返していた。ジゴンとヘリの縁談を進めなければ自分の事業が危ういと考えたビョンテは、直接行動に出ることに。マリスキッチンで順調に撮影を進行していたドウォンのところに、突然黒服の男たちが現れ...

番組へのメッセージ

合計6件 最新の5件を表示

えっ?

いせ:2017/05/19(金)14:06

PD実母の女優さんがピンクが異常に似合わなく母親というには無理ないっすか?


偶然見たらこのドラマ年視聴率2位??まぢっすか??目が点になり何も手につきません(笑)

展開が速い。

マリン:2017/05/17(水)20:33

チャンボリの出演者が3人も出てますね。
「ムン・ジサン(怒)」といつもユリちゃんに言われていた人が、あんな爽やかなシェフの役なんてすごいですね。
しかし120話もあるのに、あっという間にソンPDのことを好きになってるし、母親探しの件が本人にバレてオロオロしてるし、もつのかな?
シェアハウスに移ってからが本番なのかしら?
相変わらずジゴンのオンマ役の人とキム・ヘスクさんはうるさいです。この二人が出るといつも音声を小さくしています。

まだ始まったばかりですね・・・。

早くも・・・

いせ:2017/05/17(水)20:17

始まって数話でガチガチなトライアングル完成!?
ミチ様・・・話数からしてもホームドラマとはいかないかと(笑)

しかし配役弱いっすねぇ・・・魔○の城のヒジェの偽物?妹?みたいな若いだろうに超厚化粧女が呆れるほどのド・ド・ド定番の勝手な片思いで早くもお金持ち嫌がらせ発動って・・・もうどこかで見たよ!!

掴みは ナカナカですネ♡ ◉︵◉ أ‿أ ◉_◉

ミチ:2017/05/11(木)09:12

あぁー この時間帯じゃあ ずっと ドロドロ続いてましたが
久々の ホームドラマ系やんね

やっぱり 助演の オジサン、オバサン俳優の方が 目につきますネ

「天階」のオッチャン(チョン・ハニョン氏) 「魔女の城」とW出演とかーー
他局さんすが この冬「女◎泣かせて」でも 圧倒的パワーみせた
元祖韓ドラの母(冬ソナの母)キム・ヘスクさんとかねー〜

あーーカン・ナムギルさん
この俳優サンって 「秘み◎」「パパSスター」、放送中のパクシフドラマ・・・
11様じゃあ 途中でいなくなっちゃうの 連続すが(爆ッ)

↑の俳優さんの大ファン?のJUNサマと このドラじゃあ『最終回まで会えるか?汗っ』
1万㌆賭けてるんだよネ。。。。ლ ^ิ౪^ิ)爆

・・・
で~ 120話? 「帰ボク」と大体同じか 長いぃぃ໖_໖
ゴールは 秋の中頃かな??

ホームドラマ愛

JUNKA:2017/05/09(火)23:27

初回 見ました! カンナムギルさん、ここでは世話好き父役 で チャンボリの彼が主役なのね。なかなかテンポよく すんなり話が進んで この調子なら続けられそう、多分。